ラッセル、私のヒーロー

行動する哲学者 その本に出会ったのがいつのことだったのか、正確には覚えていません。ただ、学生時代であった18歳か19歳の頃、既にカバンの中にその本を入れていた記憶があります。イギリスの哲学者、バートランド・ラッセルが19 …

[書評/要約] 中井久夫集6 – いじめの政治学 (1996-1998)

(お知らせ:このブログはだいぶ昔に趣味的にやっていたものです。現在は出版レーベルのシロイブックスを運営しており、心理に関する話題も扱っているので、よければそちらもチェックしてみてくださいね!) みすず書房から出版された「 …

[書評] 鈴木大拙 – 真宗入門 (1983)

(お知らせ:このブログはだいぶ昔に趣味的にやっていたものです。現在は出版レーベルのシロイブックスを運営しており、心理に関する話題も扱っているので、よければそちらもチェックしてみてくださいね!) 禅を西洋に広めたとして知ら …

[書評] 鈴木大拙 – 禅 (ちくま文庫, 1987)

(お知らせ:このブログはだいぶ昔に趣味的にやっていたものです。現在は出版レーベルのシロイブックスを運営しており、心理に関する話題も扱っているので、よければそちらもチェックしてみてくださいね!) 禅を西洋に広めた仏教学者と …

[書評] 中井久夫コレクション 世に棲む患者 (2011)

(お知らせ:このブログはだいぶ昔に趣味的にやっていたものです。現在は出版レーベルのシロイブックスを運営しており、心理に関する話題も扱っているので、よければそちらもチェックしてみてくださいね!) ちくま学芸文庫から出版され …